HOME > 技術革新レポートについて

技術革新レポートについて

日本グリーンハウスクリーニング協会では業界のクリーニング技術向上のためにレポートを配信しています。「楽に、楽しく、仕事に喜びを」を実現するためのレポートです。こすり作業ゼロ、汚水ゼロ、汚水のリサイクル、社会的地位向上のための情報が詰まったレポートです。
会員、未会員を問わず、グリーン液剤を使った全国各地の皆さんからいただいた情報をまとめてレポートにしたものを2006年春から配信スタートしました。この間、作業時間の短縮、仕上がり満足度の向上、酸とアルカリのコントロール、こすりゼロBOXへの取組、オリジナル液剤の研究など数えきれないほどのレポートをいただきました。それは今でも途切れることなく続いています。レポートそのものが技術革新の歴史となっています。
レポートは会員の皆さんには毎号、全号配信しています。
技術向上のための貴重な情報となっています。
会員以外の方で関心ある方はお知らせください。

グリーン液剤と技術革新

グリーン液剤とは20世紀の洗浄原理である「アルカリ」と「界面活性剤」を主成分とせず、「安全・安心+パワー」を追及して研究開発された液剤です。素手で扱え、誤って飲んでも大丈夫、目にかかっても安心というレベルでありながら、プロ使用レベルのパワーをを達成しています。
グリーン液剤は時が経つとともに研究開発、ラインナップされ、これにより飛躍的に現場のクリーニング技術が進化することができました。

技術革新の貴重な歴史

レポート一覧で紹介する技術革新の事例はグリーン液剤を使った実際の現場からのレポートです。レポートの背後にはそれを実際に現場で行った「人」がいます。誰が、いつ、どこで、どのような革新的な作業をしたのか、それが時系列に記録されています。まさに技術進化、技術革新の歴史そのものです。非常に貴重なレポートと言えます。
レポートに出てくるグリーン液剤には
ShowTime、Stylish GREEN、NiO.1、ミルクShowTime、Rust.1、パワーShowTime、パワーPlus―などがあります。
いずれも20世紀には作ることのできなかった従来の常識を覆す液剤です。
グリーン液剤はそれを使う者に新しい技術革新をもたらしています。
日本グリーンハウスクリーニング協会ではグリーン液剤の研究開発、ならびに技術革新は協会の大きな役割と位置付けています。